PR

ニュース 国際

北京の米大使館付近で爆発 26歳の男が着火、ビザ発給でトラブルか

中国当局が米国大使館に通じる道路を封鎖した=26日、北京(AP)
Messenger

 【北京=藤本欣也】中国・北京市内の米国大使館付近で26日午後、爆発があった。インターネット上には白煙を上げる映像などが出回り、現場付近は一時、通行が規制されるなど混乱した。

 中国外務省の耿爽報道官は同日の記者会見で、今回の事件と米中貿易問題などとの関連性はないとの見方を強調、「警察当局が適切に処理している」と述べた。

 北京市公安局などによると、午後1時ごろ、内モンゴル自治区出身の男(26)が爆竹のような装置に火を付けた後、爆発が起きた。男は手を負傷し、病院に運ばれた。他に負傷者はいないという。当局が捜査を進めている。

 男は米国大使館から査証(ビザ)の発給を受けられず不満を抱えていたとの情報もある。

 米中関係をめぐっては貿易摩擦問題が激化し、それぞれ相手国の製品に関税を上乗せし合う紛争に発展。中国人の一部では反米感情が高まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ