PR

ニュース 国際

中国全人代委員長も訪日へ 大島理森衆院議長が招待

中国の李克強首相(右)と握手する大島理森衆院議長=24日、北京の中南海(共同)
Messenger

 【北京=西見由章】中国を訪問している大島理森衆院議長は24日、北京の人民大会堂で党序列3位の栗戦書・全人代常務委員長(国会議長に相当)と会談した。日中間では安倍晋三首相の年内訪中とその後の習近平国家主席の訪日が検討されているが、大島氏は栗氏にも日本訪問を要請、栗氏は前向きな意向を示した。全人代委員長の訪日は2003年以来となる。

 大島氏は「政府間だけでなく議会間でもハイレベルの頻繁な往来を実現し、両国関係を新たな段階へ押し上げたい」と述べた。

 大島氏は栗氏との会談に先立ち、北京の中南海で李克強首相と会談。中国外務省によると、李氏は「保護主義と反グローバリズムの思潮が台頭する中、中日両国はともに多国間主義と自由貿易体制を守るべきだ」と主張した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ