PR

ニュース 国際

インド初の「日本語教師育成センター」 日本語学習熱を追い風に交流促進へ

Messenger

 日本語学習熱が高まるインドで日本語教師を育成するため、同国で初めてとなる日本語教師育成センターが23日、ニューデリーのネルー大学に開設された。日印交流の重要性が増す中、教師を育成することで約2万4千人とされる学習者を拡大したい考えだ。

 センターは昨年9月の日印首脳会談で、インドでの日本語教師育成の推進で合意したことを受けたもの。日本側とインド外務省が共同で運営を行い、日本人のスタッフらが効率的な教え方などを伝える。ネルー大の学生以外も受講でき、この日の開所式には1期生となる30人も参加した。

 インドは、国内でモノ作りを進める「メイク・イン・インディア」政策を進めており、日本からの支援を期待している。開所式で在インド日本大使館の平松賢司大使は「語学の教育は、日本がインドを支援していく観点からも重要だ」と話した。(ニューデリー 森浩)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ