PR

ニュース 国際

G20、対米批判が続出 麻生氏、人民元透明化要請 財務相会議、結束見えず

 アルゼンチン・ブエノスアイレスで開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日夕(日本時間22日午前)、初日の討議を終えた。麻生太郎財務相は、幅広い輸入品に高い関税を課す保護主義的な米通商政策を批判。同行筋によると、米政策で激化する貿易摩擦への懸念がほとんどの国から出された。麻生氏は一方、中国に人民元の通貨政策を透明化するよう要請した。

 会議は2日目の22日午後(日本時間23日未明)に閉幕するが、米国は折れないとみられ、強い結束を示すのは難しい情勢だ。麻生氏は22日、ムニューシン米財務長官との個別会談に臨む。

 麻生氏は初日の討議で「内向きな政策は、どの国にも利益にならない」とし「自由で公正なルールに基づく貿易」で経済成長を保つよう主張。米国が掲げる貿易赤字解消は「関税を課すのではなくマクロ政策などで行われるべきだ」と促した。記者団に明らかにした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ