PR

ニュース 国際

ソウル中心部に戦車投入、報道検閲も検討 韓国朴政権の戒厳令計画が明らかに

朴槿恵氏(共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国で朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣を求めた大規模集会を鎮圧するため、軍部により戒厳令が検討されていた問題で、韓国大統領府は20日、ソウル中心部への戦車出動など具体的な計画があったことを明らかにした。

 戒厳令は昨年3月、朴大統領(当時)の弾劾をめぐる憲法裁判所の審判を前に軍の防諜部隊「機務司令部」が検討していた。

 大統領府は国防省から19日に提出された計画の細部資料を公開。計画は、対応計画▽衛戍(えいじゅ)令▽戒厳宣布▽戒厳施行の段階に分けられ「迅速な戒厳宣布、戒厳軍の要所掌握など機先を制した措置が戒厳成功の鍵」と明記されている。

 特に、重要施設494カ所と市民集会が予想されるソウル中心部の光化門と国会議事堂がある汝矣島(ヨイド)には戦車と装甲車を動員し、戒厳軍を迅速に投入する計画だった。また、情報機関の国家情報院や国会、報道機関などの統制、報道検閲も計画されていた。

 軍合同参謀本部議長を除き、陸軍総参謀長を戒厳司令官にすることも検討されていた。計画は朴氏の弾劾棄却の場合を想定したもので、非常戒厳宣布文なども作成済みだったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ