PR

ニュース 国際

【トランプ政権】プーチン露大統領を今秋ワシントンに招待 トランプ氏が指示 中間選挙意識か

フィンランドのヘルシンキで行われた米露首脳会談の後、記者会見するドナルド・トランプ米大統領(左)とウラジーミル・プーチン露大統領=16日(AP)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は米露外交の調整に当たっているボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対し、ロシアのプーチン大統領を今秋に首都ワシントンに招待するよう指示した。16日の首脳会談に続く再会談の実施に向けて、すでに調整が始まっているという。サンダース大統領報道官が19日、自身のツイッターで明らかにした。

 トランプ、プーチン両氏は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで首脳会談を実施したが、トランプ氏は共同記者会見でロシアの米大統領選干渉疑惑を否定するプーチン氏の肩を持つような発言をしたことで与野党から批判されている。トランプ氏が今秋の再会談を指示したのは、11月に実施される米中間選挙も意識しているとみられる。

 米露両政府はプーチン氏が首脳会談で提起した新戦略兵器削減条約(新START)延長などを再会談に向けて協議する予定だ。トランプ氏はツイッターで、核問題、テロ対策、サイバー攻撃、北朝鮮問題など16日の会談で話し合ったテーマを挙げて、「2回目の会談で実行に移すのを楽しみにしている」と書いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ