PR

ニュース 国際

【国際情勢分析】ロシア最新鋭ステルス機「SU57」来年配備へ 日本の頼みの綱「F35」より優位に?

Messenger

 ロシアの最新鋭ステルス戦闘機「SU57」が来年にも軍に配備される見通しだ。露政府系メディア「RT」は6月30日、「クリボルチコ国防副大臣が『初量産の12機のSU57の引き渡し契約が結ばれ、来年にも配備される』と述べた」と伝えた。これに合わせるようにRTは同月25日、「(米国の最新鋭ステルス機)F35とSU57、どちらが優れている?」と題した記事を掲載。日本も導入するF35は今後の国防の要であり、日本人として気にならないわけはない。露メディアの目から見た両機の優劣は-。(外信部 小野田雄一)

高性能をアピール

 SU57は露航空機メーカー「スホイ」が開発した戦闘機で、開発段階では「PAK-FA(パクファ)」「T50」などとも呼称。旧式化しつつある主力戦闘機「SU27」や「MiG29」の後継機として、2000年代から開発が進められていた。

 SU57は、レーダーでの捕捉が困難なステルス性能を備える「第5世代ジェット戦闘機」に分類される。現在、ステルス機の国産開発に成功したのは米国と中国のみとされ、SU57が配備されれば、ロシアは3番目の国産ステルス機保有国となる(イランも国産開発に成功したと主張しているが、専門家は疑問視)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ