PR

ニュース 国際

【トランプ政権】モンテネグロを守れば「第三次大戦」? トランプ氏、NATOの集団防衛義務を疑問視

トランプ米大統領(AP)
Messenger

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領が17日放映のFOXニュース番組で、昨年6月に北大西洋条約機構(NATO)に加盟したモンテネグロを共同防衛する義務に疑問を挟む発言をし、与党・共和党重鎮らが18日、NATO軽視とロシアへの傾斜を示すものであるとして批判した。

 インタビューで「モンテネグロを攻撃から守るため、なぜ私の息子が(米兵として)行かなければいけないのか」と質問され、トランプ氏は「おっしゃることは理解できる。私も同じ質問をしたことがある」と述べ、加盟国への攻撃を全加盟国の攻撃とみなす条約上の義務を疑問視した。

 また、「モンテネグロには非常に好戦的な国民がおり、第三次大戦が起こる」とも語り、他の加盟国の介入に慎重姿勢を示した。ただ、国務省のナウアート報道官は18日の記者会見で「1加盟国へのいかなる攻撃も全体への攻撃とみなす」と述べた。

 米メディアによると、モンテネグロ軍は約1500人と小さい規模だが、最も若い加盟国としてNATOの任務に積極的で、アフガニスタンでNATOが主導する治安部隊の訓練に20人を派遣している。

 旧ユーゴスラビアのモンテネグロのNATO加盟にはロシアが反発した。共和党重鎮のマケイン上院議員は18日、ツイッターでトランプ氏の発言を「モンテネグロを攻撃し、NATOにおける米国の義務に疑問を挟むことで、トランプ氏はプーチン氏の術中にはまっている」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ