産経ニュース

「おすしが食べたいです」 タイ洞窟から脱出の少年ら退院へ

ニュース 国際

記事詳細

更新


「おすしが食べたいです」 タイ洞窟から脱出の少年ら退院へ

タイ北部チェンライ郊外の洞窟から救出され、病院でカメラに向かい元気な様子の地元サッカーチームのメンバー=13日(タイ保健省提供、共同) タイ北部チェンライ郊外の洞窟から救出され、病院でカメラに向かい元気な様子の地元サッカーチームのメンバー=13日(タイ保健省提供、共同)

 【チェンライ=吉村英輝】タイ北部チェンライ県の洞窟から救出され、入院していた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチの計13人らについて、地元当局は18日、現地で会見する。13人は、体力が回復したと診断され、19日にも退院する予定。保健当局は、洞窟内に長期間閉じ込められた体験などから、少年らは精神面でのケアが引き続き必要だとして、数カ月は静かな環境で家族らと過ごさせる方針だ。

 13人は6月23日、郊外のタムルアン洞窟に入り、行方不明となった。捜索の結果、7月2日に洞窟の中ほどで全員の無事が確認された。8日から順次、救出され、10日に最後の5人が生還を果たした。

 保健当局が14日に公開したビデオでは、少年たちは救出に元気な声で感謝の気持ちを伝えた。ひとりは、退院後に「おすしが食べたいです」と話すなど、順調な回復ぶりを見せた。

 一方、今回の救出活動では、タイ海軍特殊部隊の元隊員で応援に駆けつけた、サマーン・クナンさんが活動中に死亡。少年たちの回復を待って、家族が14日、この事実を少年らに伝えたという。少年らは涙を流して黙祷(もくとう)をささげ、サマーンさんの似顔絵が描かれた紙にメッセージを寄せた。

続きを読む

「ニュース」のランキング