産経ニュース

【米露首脳会談】プーチン氏が独演会 トランプ氏は米情報機関よりロシアを信頼? 融和姿勢は危険な賭け

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米露首脳会談】
プーチン氏が独演会 トランプ氏は米情報機関よりロシアを信頼? 融和姿勢は危険な賭け

共同記者会見で話すトランプ米大統領(左)とロシアのプーチン大統領=16日、フィンランド・ヘルシンキ(UPI=共同) 共同記者会見で話すトランプ米大統領(左)とロシアのプーチン大統領=16日、フィンランド・ヘルシンキ(UPI=共同)

 トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が首脳会談後に臨んだ16日の共同記者会見は、プーチン氏が自らの主張を一方的に主張する独演会の様相を呈した。トランプ氏はロシアの米大統領選干渉にも「理由がない」とし、あったとする自国の情報機関よりもプーチン氏を信頼するような発言でロシアの存在感を高める結果となった。

 欧州歴訪を終えて帰国の途についたトランプ氏はツイッターで、米情報機関員を信頼しているとしつつも、「より明るい未来を作るためには過去にだけ目を向けるわけにはいかない。2大核大国はうまくやらなければならない!」と書いて発言を正当化した。

 プーチン氏は共同記者会見で、旧ソ連国家保安委員会(KGB)工作員だった自らの過去をわざわざ持ち出して、干渉疑惑を否定した。モラー特別検察官の疑惑捜査で起訴されたロシア情報機関員12人に関し、要請があれば露側で聴取するとも提案した。お手盛りになるのは確実だが、トランプ氏は「素晴らしい申し出だ」と応じた。

 疑惑をめぐり起訴された、プーチン氏に近い人物が経営する会社を「国家を代表していない」として、政府の関与を否定する同氏の説明にも、トランプ氏が異論を挟むことはなく、疑惑は「魔女狩りだ」と重ねて主張した。

続きを読む

「ニュース」のランキング