産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米露首脳会談】
ロシア疑惑がトランプ外交に影

 16日、フィンランド・ヘルシンキで会談するトランプ米大統領(左)とロシアのプーチン大統領(ロイター)  16日、フィンランド・ヘルシンキで会談するトランプ米大統領(左)とロシアのプーチン大統領(ロイター)

 起訴状によると、情報機関のロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の情報機関員は16年3月から民主党のクリントン元国務長官の大統領選陣営幹部のメールアカウントや民主党全国委員会のコンピューターネットワークへの侵入を開始し、同年6月から不正入手したメールの公表を開始していた。オバマ前政権が干渉疑惑について発表したのは同年10月だった。

 ロシアが、クリントン氏に不利になる情報を流してトランプ氏を後押しする工作に関わっていたことは現政権も認めており、今年3月には露西部サンクトペテルブルクを拠点にソーシャルメディアを通じて大統領選への干渉に関わったとされる「インターネット・リサーチ・エージェンシー」など計24団体・個人を制裁対象に加えた。

 ただ、トランプ氏は米露首脳会談前、米CBSテレビインタビューで、起訴された12人の身柄引き渡しを求めるか問われ、「考えていなかったが、(プーチン氏に)尋ねてみる」と答えており、真相究明への後ろ向きな姿勢が目立っている。

このニュースの写真

  • ロシア疑惑がトランプ外交に影

「ニュース」のランキング