PR

ニュース 国際

「史上最悪の水危機」 インドで6億人が水不足に直面、毎年20万人が汚染で死亡

Messenger

 汚染の被害が顕著なのが、ヒンズー教が聖なる川としてあがめるガンジス川だ。印英字紙ヒンドゥスタン・タイムズによると、基準値に対し5~13倍の大腸菌が検出されたという。生活排水や工場排水、火葬された遺体や遺灰がそのまま流されていることが主な原因だ。すでに沐浴(もくよく)には適していないとの報告もある。

 インドでは5億5千万人以上が屋外で排泄(はいせつ)しており、トイレの整備が進まない実態が、水質汚染を進めていると指摘される。

 報告書は、州ごとに水質データ収集の基準が違うなど、効果的に情報共有ができていない実態を指摘。インド行政委員会幹部は「大気汚染について今は大きな危機意識があるが、水危機はそれほど注目されていない」と指摘しており、対策推進の重要性を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ