産経ニュース

劉霞さんが「平穏無事」を弟に電話報告 中国当局は動向を注視

ニュース 国際

記事詳細

更新


劉霞さんが「平穏無事」を弟に電話報告 中国当局は動向を注視

10日、ベルリンの空港に到着し車に乗り込む劉霞さん(DPA提供・AP) 10日、ベルリンの空港に到着し車に乗り込む劉霞さん(DPA提供・AP)

 【北京=西見由章、ブリュッセル=宮下日出男】昨年死去したノーベル平和賞受賞者で中国の民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻、劉霞(りゅう・か)さん(57)が10日、軟禁状態を解かれてドイツに出国したが、その言動は中国当局の制限を受け続ける見通しだ。劉暁波氏の一周忌に合わせ、ドイツで追悼行事が計画されており、劉霞さんの動向が注目される。

 香港の公共放送RTHK(電子版)によると、劉霞さんはベルリン到着後、実弟の劉暉(りゅう・き)氏に電話で「平穏無事」を報告。10日にドイツで簡易な検診を受けたことも伝えたという。

 劉霞さんを受け入れたドイツのマース外相は「人道的な解決策が見つかり、すばらしい」とツイッターで強調。今後治療を受ける劉霞さんには「早期の回復を願っている」とした。

 ベルリンのゲッセマネ教会で13日に行われる追悼行事には、中国から亡命した多くの人権活動家や芸術家、作家らが参加する予定だ。ドイツ在住の作家、廖亦武(りょう・えきぶ)氏はSNSで、友人の劉霞さんが行事に出席する可能性を示唆した。

続きを読む

「ニュース」のランキング