産経ニュース

NATO、内から揺らぐ最強の軍事同盟 ロシアの脅威抑止へ 結束維持が焦点

ニュース 国際

記事詳細

更新


NATO、内から揺らぐ最強の軍事同盟 ロシアの脅威抑止へ 結束維持が焦点

 11日開幕した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の最大の焦点は結束維持の成否だ。国防費をめぐり批判を高めるトランプ米大統領の言動を欧州は強く警戒。亀裂が外交・経済だけでなく、安全保障でも深まれば、同盟の信頼も損なうことになる。ロシアなど外部の脅威に対処してきた最強の軍事同盟は、内側から揺らぐという事態に直面している。

 「(米欧には)貿易で深刻な相違がある。私の役目はそれが及ぼす悪影響を最小限にすることだ」

 NATOのストルテンベルグ事務総長は11日、開幕前の関連イベントで強調した。首脳会議の差配役の事務総長がそう語らねばならないほど同盟にきしみが生じている。

 トランプ氏は今春以降、イラン核合意を離脱し、欧州連合(EU)の鉄鋼などの輸入制限を発動。同盟国の利益に反する行動をとった上、最近はNATOにも「NAFTA(北米自由貿易協定)と同じくらい悪い」と述べ、これまで以上に不満をあらわにしている。

 欧州側は貿易問題などで対立しても、安全保障にまで亀裂を広げたくないのが本音。だが、批判の激化を受け、NATOと協力を進めるEUのトゥスク大統領は10日、アフガニスタンでの対テロ戦への協力などを挙げて「同盟を大切にし、このことを思い出してほしい」といら立ちを強めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • NATO、内から揺らぐ最強の軍事同盟 ロシアの脅威抑止へ 結束維持が焦点

「ニュース」のランキング