産経ニュース

ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態

ニュース 国際

記事詳細

更新


ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態

北京から経由地のヘルシンキに到着し、笑顔で写真に納まる劉霞さん=10日(提供写真・共同) 北京から経由地のヘルシンキに到着し、笑顔で写真に納まる劉霞さん=10日(提供写真・共同)

 【北京=藤本欣也】ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、故劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻で、北京の自宅などで8年近くにわたり軟禁されていた劉霞(りゅう・か)さん(57)が10日、ドイツ・ベルリンに向けて中国を出国した。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日の記者会見で「本人の希望によりドイツに赴いて病気の治療を行う。出国に関しては中国側の出入国管理部門が法律に基づいて処理した」と述べた。

 劉霞さんは法的根拠のないまま、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞が決まった2010年10月から自宅軟禁が始まり、昨年7月13日に夫が事実上の獄中死を遂げた後も軟禁状態は継続。今年5月には、友人に電話で「(中国当局は)私にここで暁波の代わりに刑期を務めさせようとしている」と泣きながら訴えていたという。重いうつ症状を抱えているとされる。

 劉暁波氏は08年、中国共産党の一党独裁の廃止などを呼びかけた「〇八憲章」の発表直前に拘束。国家政権転覆扇動罪で服役中の10年にノーベル平和賞を受賞した。17年5月、末期がんと診断され、当局の監視のもと、入院先の遼寧省瀋陽市の病院で死去した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態
  • ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態
  • ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態
  • ノーベル平和賞・故劉暁波氏の妻、ドイツへ出国 2010年から軟禁状態

「ニュース」のランキング