PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】国連事務次長が9日から訪朝 人道支援関連で

マーク・ローコック国連事務次長(ロイター)
Messenger

 【ニューヨーク=上塚真由】国連は6日、マーク・ローコック事務次長(人道問題担当)兼緊急援助調整官が9~12日の日程で北朝鮮を訪問すると発表した。緊急援助調整官の訪朝は2011年以来となる。

 ローコック氏は平壌や黄海南道を訪問し、政府当局者や、人道活動に関わる担当者と面会する。国連によると、北朝鮮は人口の約4割にあたる1000万人以上が人道支援を必要とし、5人に1人の子供が発育不良という。

 国連人道問題調整事務所(OCHA)は「北朝鮮は依然として人道危機が続いているが、世界からほとんど見過ごされている」と指摘。朝鮮半島情勢が融和ムードとなったことを契機に、国連は、減少している北朝鮮への国際支援を引き出したい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ