PR

ニュース 国際

“単なるコピー品”は今は昔 中国、知的財産権侵害の手口巧妙化

Messenger

 だが、その数年後、情勢が変わった。中国の事情に詳しい元日本特許庁長官の荒井寿光氏によると、05年ごろから模倣品などを製造する企業の取り締まりを強化。14年には北京などで知財侵害を扱う裁判所が同国で初めて設置され、模倣品を展示する光景は国内でほぼ見られなくなったという。荒井氏は「世界貿易機関(WTO)の加盟国から批判にさらされ、追い詰められた中国は表向き『ニセモノ国家』から決別せざるをえなくなった」と話す。特許権侵害などを扱う米連邦巡回区控訴裁判所の元首席判事、ランドール・レーダー氏も「中国の知財侵害の状況は年々改善している」と評価する。

 ただ、元陸上自衛隊システム防護隊隊長の伊東寛氏は「中国は知財分野の優等生ぶりをアピールする一方で、情報窃取の手口は巧妙化している」と指摘する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ