PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】韓国バスケ選手団など101人が訪朝 北朝鮮、「独島」入り統一旗使用を念押し

3日、北朝鮮の平壌国際空港に到着した韓国のバスケットボール選手団ら(共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮と平壌で4、5日に共同開催する南北統一バスケットボール大会に参加する韓国の選手団や政府代表団など101人が3日、軍用輸送機で訪朝した。バスケの南北親善大会は2003年に平壌で行われて以来、15年ぶり。バスケ愛好家で知られ、4月の南北首脳会談でバスケ交流を提案した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が観戦するかが注目される。

 平壌の空港で一行を出迎えた北朝鮮の元吉友(ウォン・ギル)体育次官は、訪朝団を率いる趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相に、大会が金氏の発案で実現したことに触れながら歓迎の意を伝えた。

 8月にインドネシアで開幕するアジア大会の合同入場で南北選手団が掲げる朝鮮半島を描いた「統一旗」の話題も持ち出し、「独島(トクト=竹島の朝鮮語呼称)を表記した旗を掲げることは民族の一致した望みだ」と強調した。韓国側を出迎える席でわざわざスポーツの政治利用を念押しした形だ。趙氏は「引き続き協議していきましょう」と応じた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ