PR

ニュース 国際

タイ洞窟で奇跡の生存 少年ら13人救出は難航、豪雨→水位上昇で脱出できず

2日、タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟で発見された少年ら。救助本部が映像を公表した(AP)
Messenger

 【シンガポール=吉村英輝】タイ北部チェンライ県郊外のタムルアン洞窟で、6月23日以降、行方不明になっていた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチ1人の計13人全員が2日夜、洞窟内で無事に発見された。2、3人がけがをしているが、命に別条はないという。不明から10日目の奇跡の生存確認となった。ただ、タイ北部では4日から豪雨が予想され、洞窟内の水位が上昇する可能性もあり、軍などは救出作業を急ピッチで進めている。

 洞窟内は水位が上昇している場所が多い。タイ海軍特殊部隊の潜水士らは3日、少年たちの脱出に時間がかかることを想定し、4カ月分の食料を届けた。医師なども潜水して少年たちの場所に行き、体調の確認などをする。水だけを飲んでいた可能性が高く、体力の回復を優先させる。

 洞窟内は水の流れが急で、少年たちが潜水具などをつけて脱出するには、相当な訓練が必要という。このため、潜水による脱出にも、早くて2~3日はかかる見通しだ。

 排水作業を継続し、少年たちがいる空間に地上から穴を開けて救出するか、別の脱出ルートがあるかなどの検討が続いている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ