PR

ニュース 国際

【トランプ政権】トランプ大統領、サウジに原油増産を要求 価格抑制でサルマン国王と電話会談

サウジアラビアのサルマン国王に原油増産を要求したと明かすドナルド・トランプ米大統領=29日、米ワシントンのホワイトハウス・イーストルーム(AP)
Messenger

 トランプ米大統領は30日にツイッターで、サウジアラビアのサルマン国王と電話会談し、原油の増産を要求したことを明らかにした。

 石油輸出国機構(OPEC)などの主要産油国は6月に原油増産で合意し価格抑制に乗り出したばかりだが、イラン核合意からの離脱を表明した米国は日本など各国にイラン産原油の輸入停止を求めており、その代替としてサウジに増産させて供給不安を解消したい思惑があるとみられる。

 ロイター通信によると、サウジ政府が声明で、米国とサウジは、産油国があらゆる潜在的な原油不足を補う努力をする必要があるとの認識で一致したと明らかにした。

 トランプ氏はツイッターで「(サルマン国王に)最大で200万バレルの原油増産を求めている」と述べたが、サウジは声明で具体的な増産量などには言及していない。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ