PR

ニュース 国際

台湾東部に中国艦艇2隻接近 「特異な航路」防空識別圏内を通過か

Messenger

 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は27日までに、中国海軍の艦艇2隻が台湾本島東沖を南下したと発表した。中国の海空軍による挑発が相次ぐ中、2隻は「特異な航路」(関係者)で台湾に接近しており、台湾側が警戒を強めている。

 国防部は22日、中国の駆逐艦とフリゲート艦計2隻が20~22日、台湾東側の「接続水域外の公海」を南下したと発表した。艦番号も異例の公表を行ったことで、2隻は蘭州級駆逐艦「済南」と江凱級フリゲート艦「黄岡」と判明した。

 2隻は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に最も近い台湾北東沖の離島、彭佳嶼付近から南下し、台湾の防空識別圏(ADIZ)内を継続的に航行したとみられる。バシー海峡通過後に台湾海峡に進入し南部・高雄沖の離島、小琉球の沖合70~80カイリ(約130~150キロ)に接近。その後、南シナ海に向かった。

 2隻は与那国島の西方沖を通過したが、防衛省統合幕僚監部は動向を公表していない。中国海軍は26日、2隻は「台東海峡」を通過したと発表した。台湾東部に海峡は存在せず、艦艇の航行が合法だとアピールする狙いがあるとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ