産経ニュース

対中安保「日台で対話を」 台湾の外交部長が異例の呼びかけ 単独インタビュー

ニュース 国際

記事詳細

更新


対中安保「日台で対話を」 台湾の外交部長が異例の呼びかけ 単独インタビュー

台北の外交部で、取材に応じる呉釗燮外交部長=25日(田中靖人撮影) 台北の外交部で、取材に応じる呉釗燮外交部長=25日(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾の呉釗燮外交部長(外相に相当)は26日までに、産経新聞の単独取材に応じ、「日本と台湾はともに中国の軍事的な圧力と脅威に直面している」と述べ、日台当局間の安全保障対話を呼びかけた。日本と外交関係のない台湾の高官が当局間対話を求めるのは異例。台湾周辺で活発化する中国軍の動向を受け、一歩踏み込んだ。

 呉氏は中国の海空軍が近年、西太平洋への進出を「常態化」(中国国防省)させていることを念頭に、「軍用機が宮古海峡を南下すれば台湾、バシー海峡を北上すれば日本への脅威となる」として、日台の安全保障は「密接不可分だ」と指摘し、「日本と安全保障分野での意見交換を望む」と述べた。

 米国と台湾の間では安全保障協力が「非常に密接だ」とし、「外交関係の有無を安全保障対話の前提条件にすべきではない」とも述べた。また、日本側が公開での対話を望まないのであれば、「非公開でも構わない」とし、まずは窓口機関を通じた対話でも良いとも述べた。

 一方、日本政府が求める福島など5県産食品の輸入解禁は「消費者の信頼回復に台日が(安全性のアピールなどで)協力することが必要だ」と述べるにとどめた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対中安保「日台で対話を」 台湾の外交部長が異例の呼びかけ 単独インタビュー

「ニュース」のランキング