PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】拉致問題は「ありもしない」 北朝鮮が日本を牽制

11日、都議会議事堂で開催された「拉致被害者救出運動」写真パネル展=東京・西新宿(斎藤良雄撮影)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の平壌放送は26日の論評で「日本反動らは今日まで自らの過去の犯罪を謝罪し賠償するどころか、逆に誰それのありもしない拉致問題を騒々しくわめき立て、自分たちを『拉致被害国』に化けさせようと破廉恥に策動している」と日本を非難した。ラヂオプレス(RP)が伝えた。

 論評は「(日本の朝鮮半島統治時代の)朝鮮人強制連行・拉致蛮行は、歴史に類を見ない特大型犯罪だった」と非難。日本に対し「自分たちの過去を至急清算すべきだ」と主張した。日朝首脳会談の実現を念頭に、「過去」を盾にすることで、拉致問題解決に向けた安倍政権の動きを牽制する狙いがうかがえる。

 平壌放送は15日にも拉致問題を「既に解決された」と主張した論評を報道していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ