PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】北朝鮮核監視など協議へ 米高官、IAEAと

Messenger

 米国務省は25日、ポブレット次官補(軍備管理・検証・順守担当)が26~30日の日程で訪欧し、北朝鮮の核開発をめぐる監視と検証体制についてウィーンで国際原子力機関(IAEA)と協議すると発表した。

 米朝首脳会談で合意した朝鮮半島の完全非核化に向け、北朝鮮側が今後取る措置の検証方法などについて意見を交わすとみられる。

 ポブレット氏は包括的核実験禁止条約(CTBT)機構準備委員会の担当者とも会い、北朝鮮やシリア、イランの核関連活動の探知や監視状況についても協議する予定。オランダ、ルーマニアも訪問する。

 日本政府は北朝鮮がIAEAの査察を受け入れた場合、査察に必要な初期費用の一部を負担する方針を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ