産経ニュース

政府、弾道ミサイル対応「ちぐはぐ」の事情 住民避難訓練を当面中止 防衛相は地上イージス候補地視察

ニュース 国際

記事詳細

更新


政府、弾道ミサイル対応「ちぐはぐ」の事情 住民避難訓練を当面中止 防衛相は地上イージス候補地視察

イージス・アショア導入を巡り、配備候補地の山口県で知事らと会談する小野寺防衛相=22日午後、山口県庁 イージス・アショア導入を巡り、配備候補地の山口県で知事らと会談する小野寺防衛相=22日午後、山口県庁

 政府は22日、北朝鮮の弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の中止を発表した。米韓合同軍事演習の中止など米朝対話のムードが高まる中、弾道ミサイルが発射される可能性は低いと判断した。一方、小野寺五典防衛相は同日、地上配備型のミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地である山口、秋田両県を訪れ、導入の必要性を訴えた。足元の情勢にかかわらず、必要な防衛力整備は推進していく方針だ。

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、栃木や香川など9県で実施する予定だった今年度の住民避難訓練について「米朝首脳会談の成果に立ち、当面見合わせる」と表明した。北朝鮮との対話で非核化への動きを引き出そうとする米国に、日本も足並みをそろえた形だ。政府関係者は「情勢が変われば避難訓練を再開する可能性はある」と語る。

 一方、イージス・アショアの配備は、こうした「外交的な配慮」(政府関係者)とは切り離して進める。小野寺氏は22日、山口県庁で面会した村岡嗣政知事に「地元の不安を少しでも払拭できるよう何度も説明する」と述べ、配備に理解を求めた。

 イージス・アショアは、陸上で365日24時間態勢での警戒監視が可能で、2基で日本全土をカバーする。弾道ミサイル防衛の中核を担う海上自衛隊のイージス艦の負担軽減にもつながる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 政府、弾道ミサイル対応「ちぐはぐ」の事情 住民避難訓練を当面中止 防衛相は地上イージス候補地視察
  • 政府、弾道ミサイル対応「ちぐはぐ」の事情 住民避難訓練を当面中止 防衛相は地上イージス候補地視察

「ニュース」のランキング