PR

ニュース 国際

女性の地位向上で経済効果期待も一部で批判の声 サウジアラビアが女性の運転24日解禁

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ゲッティ=共同)
Messenger

 【アンカラ=佐藤貴生】世界で唯一、女性の車の運転を認めていなかったサウジアラビアで24日、女性の運転が正式に解禁される。次期国王と目されるムハンマド・ビン・サルマン皇太子が推進する社会改革の一環で、女性の地位向上をアピールする狙いだ。石油大国の富裕層をターゲットに商戦も激しさを増し、大きな経済効果が期待される。一方で、イスラムの教えに忠実な層からは批判も出るなど、皇太子の改革はさまざまな波紋を広げている。

悲喜こもごも

 「免許を取る手続きを始めた。運転できればいつでも行きたい所に行けるから」。サウジ東部カティーフ近郊に住む大学を卒業したばかりのタリシュさん(21)が、ソーシャルメディアでの取材に答えた。

 サウジには外国人を含めて1千万人以上の成人女性が住んでおり、世論調査ではサウジ女性の6割が運転したいと望んでいる。外車メーカーは女性向けのモーターショーを開催。女性専用の教習所がにぎわい、保険業界なども収入増を見込む。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ