産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


カナダが大麻合法化 10月17日から、G7では初

メープルを大麻草に変えたカナダ国旗を模した旗の前で、マリファナを見せる労働者=20日、加オンタリオ州オタワ(ロイター) メープルを大麻草に変えたカナダ国旗を模した旗の前で、マリファナを見せる労働者=20日、加オンタリオ州オタワ(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】カナダのトルドー首相は20日、嗜好品としての大麻の所持・使用を10月17日から合法化すると発表した。上下両院がすでに関連法案を可決している。ロイター通信によると、大麻使用を国家として合法化するのは南米ウルグアイに続き2例目で、先進7カ国(G7)では初。

 法案の対象は18歳以上で、最大30グラムの乾燥大麻所持を許可。一部地域を除き自宅で4株まで栽培を認める一方、大麻を取り扱うのは政府が許可した販売店などに限られる。医療目的の大麻使用は既に認められている。

 トルドー政権は合法化によって、犯罪組織による密売をなくし、若者の乱用も阻止する狙いがあるとしている。トルドー首相は2015年の総選挙で大麻合法化を公約に掲げていた。隣国の米国では首都ワシントンのほか、カリフォルニア州など9つの州で合法化されている。

このニュースの写真

  • カナダが大麻合法化 10月17日から、G7では初
  • カナダが大麻合法化 10月17日から、G7では初
  • カナダが大麻合法化 10月17日から、G7では初

「ニュース」のランキング