PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】いらだつイラン、孤立回避へ中露と接近 核合意維持「カギは中国」

 4月25日、イラン北西部タブリーズで演説するロウハニ大統領(ゲッティ=共同)
Messenger

 米朝首脳会談で北朝鮮が「非核化」の意思を示したことをふまえ、同様に核問題で米国と対立するイランは孤立の回避に全力を挙げる方針とみられる。非核化の成否は不明ながら北朝鮮が対話に転じたことで、トランプ米政権がイランへの圧力を強める事態も否定できないからだ。識者からは、イラン経済に影響力を持つ中国の動きがカギを握るとの見方も出ている。

 「(米国が北朝鮮との)合意を取り消さないかは不透明だ」。イランでは米朝首脳会談が行われた12日、政府報道官がこう述べて北朝鮮に警告を発したのを除き、要人からのコメントは出ていない。イランの核開発を制限する見返りに制裁解除を進めるイラン核合意から一方的に離脱し、北朝鮮への対応とは際だった違いをみせるトランプ政権へのいらだちもほの見える。

 イランのロウハニ大統領は米朝首脳会談に先立つ6月上旬、中国で開かれた中露主導の上海協力機構(SCO)首脳会議に出席し、会談した習近平国家主席から「ロシアや他の国とともに核合意の維持に努める」との発言を引き出した。

 イランが中露と連携を模索するのは、米政権の制裁再開表明を受け、欧州などでイランとの取引に消極的なムードが広がっているからだ。同政権の対イラン制裁では、取引内容によって8月上旬までと11月上旬までの猶予期限が設けられており、その間に取引を中止しないと非米国企業も制裁対象となる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ