PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】金正恩氏、3度目の訪中終了 「一つの参謀部」で共闘鮮明

19日、中国・北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む習近平国家主席(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)
Messenger

 【北京=藤本欣也、ソウル=桜井紀雄】中国国営新華社通信によると、習近平国家主席は20日、北京の釣魚台迎賓館で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と前日に続いて首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化や安全保障問題などでの連携を確認した。金氏は同日午後、専用機で帰国の途に就いた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信も20日朝、金氏訪中を報道。金氏が19日の夕食会で、習氏らを前に「朝鮮半島と周辺地域の新たな未来を切り開く歴史的な道のりにおいて、中国の同志たちと一つの参謀部で緊密に協力していく」と演説したと伝えた。朝鮮半島問題に対処するに当たり、中朝両国が共同作戦で臨む姿勢を鮮明に打ち出したものだ。

 習氏は19日の首脳会談で、朝鮮半島の非核化実現に向けた北朝鮮側の「立場と決心」について、積極的な支持を表明したという。

 一方、新華社によると、20日の会談でも両首脳は緊密な関係を確認。習氏が「北朝鮮側と互いに学び、団結・協力」して両国の社会主義事業を共に発展させたいと強調すると、金氏は「中国とともに、世界と地域の平和安定のために役割を果たしたい」と応じた。

 新華社によると、金氏は20日、習氏と昼食を共にしたほか、中国農業科学院や北京市軌道交通指揮センターを視察、北京の北朝鮮大使館を訪問した。5月、経済視察のため中国を訪問した北朝鮮代表団も農業科学院を訪れており、北朝鮮側は国内の農業改革に関心を寄せているもようだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ