PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】習近平氏「非核化実現のための決心を支持」 北メディアが訪中最中に異例の報道

会談に臨む中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が20日掲載した=19日、北京の人民大会堂(コリアメディア提供・共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が19日に訪中し、習近平国家主席と3回目の首脳会談を行ったことを報じた。習氏は、金氏が米朝首脳会談を「成功裏に主導し、朝鮮半島情勢を対話や平和の軌道に乗せたこと」を高く評価、「朝鮮半島の非核化実現のための(北)朝鮮の立場と決心を積極的に支持する」と述べたと伝えた。

 両首脳は、米朝会談の結果や朝鮮半島の非核化の展望について「有益な意見交換を行い、共通認識に達した」とした。習氏は「中国は今後も引き続き自らの建設的役割を発揮していく」と述べたという。米国と非核化交渉を進める上で、北朝鮮側には、中国の支持があることを内外にアピールする狙いとみられる。

 金氏は、米朝会談をめぐる「中国の真心のこもった支持と幇助(ほうじょ)」に謝意を表明した。米朝会談のためのシンガポール訪問で、中国が金氏の搭乗機として中国国際航空機を提供するなどしたことを指すとみられる。

 北朝鮮メディアは、最高指導者の訪中を帰国後に報じるのが通例で、帰国前の報道は異例。金氏のシンガポール訪問では、訪問最中から動静を伝えており、報道スタイルの変化には、金氏の意向が反映している可能性がある。金氏と習氏の会談は中国中央テレビが既に19日に報じていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ