PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】金正恩氏、3カ月で3度目の訪中 空路北京入り 習近平氏と会談

北京の釣魚台迎賓館に入る、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる車=19日(共同)
Messenger

 【北京=藤本欣也】中国国営新華社通信などによると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は19日、空路、北京入りし、習近平国家主席と会談した。12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談の報告や、朝鮮半島の非核化に向けて週内にも開始予定の米朝高官協議の打ち合わせを行ったもようだ。20日に帰国する予定。

 中国外務省の耿爽報道官は19日の記者会見で、金氏の訪中について「中朝関係のさらなる深化と、重要な問題に関する意思疎通の強化につながることを希望する」と期待感を表明した。

 訪中には李雪主(リソルジュ)夫人や朴奉珠(パクポンジュ)首相に加え、崔竜海(チェリョンヘ)、金英哲(ヨンチョル)、李洙●(=土へんに庸)(スヨン)の3副委員長らが同行した。

 金正恩氏は3月下旬に特別列車で北京を訪れた後、5月上旬に専用機で遼寧省大連を訪問しており、3カ月で3回も訪中するのは異例。習氏との会談は首脳レベルでは最多の3回目となる。

 中国国営中央テレビはこの日、金氏の中国到着後すぐに金氏の訪中日程を報じた。金氏の訪中をめぐっては、金氏の北朝鮮帰国後に中朝メディアが一斉に報道するのが慣例だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ