PR

ニュース 国際

比軍が過激派掃討で空爆、5人死亡か 南部ミンダナオ島

Messenger

 フィリピン軍は18日、南部ミンダナオ島の南ラナオ州で17日に空爆を実施し、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う戦闘員少なくとも5人が死亡したもようだと明らかにした。

 昨年5月から5カ月間、軍と地元イスラム過激派が戦闘を続けた州都マラウイの近郊で、過激派の残党とみられる戦闘員約40人が野営しているを確認、爆撃機と武装ヘリコプターで攻撃した。

 昨年の戦闘で、過激派側は幹部も含め千人以上が死亡したが、一部は逃走したため軍が警戒を強めている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ