PR

ニュース 国際

【茨城「正論」友の会】「金王朝が滅ぼされない自信持ち、正恩氏は米朝会談臨んだ」 加藤達也元ソウル支局長

茨城「正論」友の会で講演する産経新聞の加藤達也編集委員=16日午後、水戸市南町(永井大輔撮影)
Messenger

 茨城県から日本のあるべき姿を考える「茨城『正論』友の会」の第12回講演会が16日、水戸市南町の水戸セントラルビルで開かれた。「勝負に出た金正恩政権 日本はこの危機を迎え撃てるか」と題して、産経新聞社元ソウル支局長の加藤達也社会部編集委員が講演し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の思惑と、朝鮮半島をめぐる激変が日本にどんな危機をもたらすのか、今後を展望しながら解説した。

 講演会には、茨城県議や市議、産経新聞の正論路線に賛同する読者ら約120人が参加。講演後には参加者から質問が相次ぎ、約30分延長された。

 新たに茨城「正論」友の会の会長に就任した笠間稲荷神社宮司の塙東男氏は「志をともにする皆さんと力を合わせて一生懸命進んでいきたい」とあいさつ。続いて、7月から産経新聞社正論調査室長に就任する有元隆志編集局総務が「平成を振り返りつつ、日本がどのように進んでいくべきかをテーマに目前に迫った危機を考えていかなければならない」と述べた。

 加藤編集委員は講演で、12日の米朝首脳会談に触れ、「北朝鮮は対話に『引きずり出された』のではなく、韓国と日本という人質がある限り、米国は北朝鮮を攻撃することはないと見切った上で、金王朝が滅ぼされることはないという自信を持って会談へ臨んだ」と分析。日本の今後については「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」が会談で言及されなかったことや、北朝鮮が裏切りを繰り返してきた歴史から、「『融和か対決か振れ幅の大きい不安定な状況に突入する』ということがこれからの大きなテーマとなる」と強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ