PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】楽観と懸念が混在する韓国 米韓演習中止受け入れは「米の意向次第」と文在寅政権

15日、韓国の首都ソウルの米大使館近くで、米韓の軍事演習への反対を訴える左派系市民ら(AP)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】トランプ米大統領が米韓演習中止や将来的な在韓米軍の縮小、撤収に言及したことに韓国で波紋が広がる中、文在寅(ムン・ジェイン)政権は米国の意向次第では8月に予定される定例の合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」の中止を受け入れる見通しだ。

 文在寅大統領は14日の国家安全保障会議で「南北間、米朝間で誠実な対話が続くなら、北朝鮮への軍事的圧迫には柔軟な対応が必要だ」とし、「中断するかどうかは慎重に検討する」と語った。韓国メディアによると、会議に出席していた宋永武(ソン・ヨンム)国防相は同日夜、マティス米国防長官との電話会談で、韓国政府の立場を説明したという。

 韓国大統領府高官は15日、「まだ決定されていないが、米韓の協議を経て近いうちに(演習に関する)発表があるだろう」との見通しを述べた。

 米韓演習の中止について韓国では「在韓米軍の縮小、撤収につながる」「韓米同盟が間違いなく弱体化する方向に進みつつある」(保守系紙)との懸念が少なくない。しかし、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領外交安保特別補佐官が15日、外国メディアを対象にした会見で「演習中止は一時的なものだ」と語るなど、文在寅政権には楽観論が広がっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ