PR

ニュース 国際

【激動・朝鮮半島】米朝会談でパワーゲーム号砲 中国、米主導の非核化警戒、マネー武器に南北に影響力

Messenger

 一方、韓国に対しても、中国人観光客を増加させるなど“チャイナマネー”を武器に、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備で悪化した両国関係の正常化を進めている。

 朝鮮戦争の休戦協定から停戦協定への転換は、その後の朝鮮半島の安全保障を左右する重大事となる。中核となるのは戦争当事国の米朝中韓であり、中国としては韓国への働きかけを強めて主導権確保を狙う。その先に見据えるのはTHAAD、在韓米軍の撤収だ。

 これに対し米国は、北朝鮮への影響力を強めようとする中国を警戒、韓国や日本の対北経済支援に期待を寄せている。金正恩氏も米中を牽制するためにも、プーチン露大統領との会談を模索しているもようだ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ