産経ニュース

イタリア新政権、移民船の接岸拒否 仏伊が舌戦「無責任だ」「偽善の説教するな」

ニュース 国際

記事詳細

更新


イタリア新政権、移民船の接岸拒否 仏伊が舌戦「無責任だ」「偽善の説教するな」

民間救助船「アクエリアス号」に救出され、デッキで休息する移民ら=13日、地中海(ロイター) 民間救助船「アクエリアス号」に救出され、デッキで休息する移民ら=13日、地中海(ロイター)

 【パリ=三井美奈】イタリアで今月発足したポピュリズム(大衆迎合主義)2党の連立政権が、移民629人を乗せた民間救助船の接岸を拒否し、フランスのマクロン大統領が「無責任」だと批判した。これに対しイタリアは13日、トリア財務相の訪仏を中止。両国の舌戦に発展した。

 船は仏独などに拠点を置く人道団体が運営するアクエリアス号。今月9~10日、地中海をゴムボートなどで漂流していたアフリカ移民らを救出後、伊シチリア島で寄港を拒否された。

 マクロン氏が12日、イタリア政府を批判すると、コンテ伊首相は「移民問題に目をそらす国から、偽善的な説教を受けるいわれはない」と反論。15日にコンテ氏の訪仏が予定されていたが、サルビーニ伊内相は13日、「仏政府が謝罪しないなら行かなくてよい」と主張した。これを受け、マクロン氏は電話で、コンテ氏に「イタリア人を傷つけるつもりはなかった」と弁明。両首脳は今月末の欧州連合(EU)首脳会議で移民問題を提起することで合意し、14日、15日の会談は予定通り行うと発表した。

 イタリアには過去5年間で、中東やアフリカから60万人以上が流入。他のEU加盟国が受け入れに応じず、国内で滞留する移民への不満が高まっている。連立2党のうちサルビーニ氏が率いる「同盟」は3月の総選挙で移民排斥を訴え、支持を伸ばした。アクエリアス号には11日、スペインが人道的見地から寄港受け入れを表明。船はスペインに向け航行している。

「ニュース」のランキング