産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


イラン、サハロフ賞の弁護士拘束か 政治犯を擁護

 イランで政治犯の擁護に取り組み、欧州連合(EU)欧州議会が優れた人権擁護活動に贈るサハロフ賞を2012年に受賞した女性弁護士ナスリン・ソトゥーデ氏がイラン当局に拘束されたとみられることが分かった。夫のレザ・カンダン氏が13日、自身のフェイスブックで明らかにした。

 ソトゥーデ氏は03年にノーベル平和賞を受賞したイラン人の人権活動家シリン・エバディさんの弁護も担当。イスラム教に基づき女性が髪などを覆う「ヘジャブ」の強制を巡り、昨年末以降に抗議運動が広がった際は、当局の弾圧に反対する活動を行っていた。

 イラン当局は事実関係を発表しておらず、理由は不明。カンダン氏は、ソトゥーデ氏が自宅で拘束され、多くの政治犯が収容されるテヘランのエビン刑務所に移送されたと説明した。

 ソトゥーデ氏は10年に国家の安全を脅かしたとして拘束されて服役、13年に釈放された。14年には当局の圧力で弁護士資格を停止されたが、不当だと申し立て、15年に資格を取り戻した。(共同)

「ニュース」のランキング