PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】横田早紀江さん「悲観していない」 前向く拉致家族に歓迎と戸惑い

米朝首脳会談をうけ会見する横田早紀江さん(左)=12日午後、川崎市川崎区(三尾郁恵撮影)
Messenger

 史上初の米朝首脳会談でトランプ米大統領は12日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「拉致問題を提起した」と表明し、拉致被害者家族からは評価する声が上がった。ただ、トランプ氏は具体的内容や金氏の反応を説明せず、「これから協議する」との言及にとどまり、同日夜にトランプ氏と電話会談した安倍晋三首相からも進展について明言はなく、家族は日米両国に対して「解決の道筋を明示してほしい」と切望した。

 「簡単には解決しない。後は日本がやらねば。悲観はしていません」。米朝会談終了を受け12日夕、記者会見した横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(82)は力を込めた。

 早紀江さんは米朝トップが握手を交わし、拉致が提起されたことに「歴史的なことが起きたが、不安もある」と語った。また、全被害者の即時帰国へ、安倍晋三首相と金氏による直接交渉を求め、「めぐみに一瞬でも会いたい」と訴えた。

 家族会代表で田口八重子さん(62)=同(22)=の兄、飯塚繁雄さん(80)は「歴史的会談で日本人拉致が再度クローズアップされてきたことは歓迎するし期待もする」と述べた。会談前、拉致解決へトランプ氏の踏み込んだ発言を期待していた飯塚さんは「そこまでいかなかったようだが、提起を受けて日本政府、安倍首相が具体的にどう動くか、早急に考えてほしい」と求めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ