PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】帰国拉致被害者にも期待と失望「戦いが待ち受けている」「結果は何もでなかった」

Messenger

 完全な非核化に向けた実質的な合意が、拉致問題解決の糸口になると望んでいた蓮池さんは、日本政府の取るべき姿について「(合意を)歓迎し、その合意の実現と拉致問題の解決のために日朝交渉を強く求めていくべきだ」とした。

 ただ、日朝交渉につながったとしても、北朝鮮が拉致被害者の帰国を実現させるかは不透明だ。蓮池さんは「まさに戦いといえる交渉が待ち受けており、シビアな情勢判断と戦略戦術が必要になる」とし、拉致問題の解決なしに経済支援は一切しないという原則を堅持することなどを求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ