産経ニュース

【米朝首脳会談】初の首脳会談 トランプ氏「最高の関係を築く」 金氏「ここまで来るのは容易でなかった」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米朝首脳会談】
初の首脳会談 トランプ氏「最高の関係を築く」 金氏「ここまで来るのは容易でなかった」

会談の冒頭で向き合う北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP) 会談の冒頭で向き合う北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP)

 【シンガポール=黒瀬悦成、桜井紀雄】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで史上初めての米朝首脳会談を行った。核・弾道ミサイル開発を進めてきた北朝鮮の「完全非核化」で具体的な合意ができるかが最大の焦点だ。休戦状態にある朝鮮戦争の終結や、日本人拉致問題も議題となる見通しだ。

 米朝首脳は握手を交わした後、会談のための部屋に移動。トランプ氏が「いい気分だ。素晴らしい議論をし、最高の関係を築く」と述べると、金氏は「ここまで来る道は、たやすい道ではなかった」と応じた。さらに「われわれには、われわれの足を引っ張る過去があり、偏見と慣行が時として目と耳を覆ったが、全てを克服してここまで来た」とも語った。

 両首脳はまず、通訳を交えて2人だけで約40分間会談した後、高官らを加えた拡大協議に入った。続いて実務昼食会を行いながら話し合った。

 拡大協議の冒頭、トランプ氏は「これまで過去の政権が解決できなかった大きな問題を解決する」と語り、金氏は「前途に課題はあるが、解決に向けてトランプ氏に協力する」と応じた。拡大協議には、米側はポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、北朝鮮側は金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長、李洙●(=土へんに庸)(リ・スヨン)党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相が同席した。

 トランプ氏は午後4時(日本時間同5時)に記者会見し、会談結果を説明する。金正恩氏は12日夕、トランプ氏は同日夜にそれぞれ帰国の途に就く予定。

 米ホワイトハウスによると、トランプ氏は安倍晋三首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と11日に個別に行った電話会談で、日米と米韓首脳が米朝会談での結果を踏まえ、それぞれ緊密に連携していくことを確認した。

 トランプ政権は、北朝鮮が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を実現するための具体的措置をとらない限り、非核化に対する制裁解除や援助解禁に踏み切らない方針。北朝鮮は、非核化に向け段階的な行動をとるごとに制裁緩和などを求めている。非核化の見返りとして米国が提示する「体制の保証」を受け入れるかも注目される。

このニュースの写真

  • 初の首脳会談 トランプ氏「最高の関係を築く」 金氏「ここまで来るのは容易でなかった」

「ニュース」のランキング