PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】厳戒のセントーサ島に長い車列 各国記者が注視、速報

 米朝首脳会談の会場に向かう北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の車列=12日、シンガポール(ロイター)
Messenger

 歴史的会談の舞台へ長い車列が2度、入っていった。厳戒態勢が敷かれたシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに12日朝、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が相次ぎ到着。世界各国の記者ら200人以上が待ち構え速報した。

 曇天の下、白バイ隊に先導された最初の車列がカペラホテルにつながる坂の入り口に入っていったのは午前8時(日本時間同9時)すぎ。「ビースト」と呼ばれる米大統領専用車だ。その約20分後、北朝鮮国旗を付けた黒塗りを含む車列が緩やかな速度で坂を上った。

 シンガポール本島とセントーサ島をつなぐ1本の連絡道路から入り口周辺まで、高さ約1・8メートルの柵がほぼ隙間なく設置され、数メートルおきに警官が立った。金氏が宿泊する中心部のホテル「セントレジス」周辺には早朝から救急車やパトカーが多数待機。ロビーには規制線が引かれ、ホテルのスタッフがスマホをしまうように指示して回ると、緊張した面持ちの金氏が警備に囲まれ姿を現した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ