PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】米朝首脳会談始まる 北の非核化合意が焦点

会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP=共同)
Messenger

 【シンガポール=黒瀬悦成】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が12日午前9時過ぎ(日本時間同10時過ぎ)、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで始まった。北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)」の実現に向け合意できるかが最大の焦点。北朝鮮による日本人拉致問題も議題となる見通しだ。

 両首脳は初対面で握手を交わして報道陣の記念撮影に応じた後、会談用の部屋へ移動。トランプ氏は会談冒頭で「われわれは素晴らしい関係を構築できると思う」と語った。

 金委員長は「ここまでくるのは簡単な道ではなかった。障害を乗り越え、ようやくこの日を迎えることができた」と応じた。2人には時折、笑顔もみえた。

 会談に先立つ12日早朝、トランプ氏は「過去の合意と違い、真の合意を得られるかどうかはすぐに分かる」とツイッターに投稿。トランプ氏に同行しているポンペオ国務長官は前日の会見で、CVIDだけが米国にとって「唯一許容できる結果だ」と強調し、北朝鮮が完全な非核化に応じれば、米側としても体制の保証に応じるとの考えを重ねて表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ