PR

ニュース 国際

【米朝首脳会談】最初は通訳のみで“膝詰め”談判? 随員は後から参加 トランプ氏「一回限りの機会無駄にしない」

Messenger

 トランプ氏は外遊先のカナダからシンガポールへ向かう専用機の機中からツイッターで「金氏と会うのを楽しみにしている。一回限りの機会は無駄にされないと思う」と会談への意気込みを示した。

 金氏もこれに先立ち同日午後、シンガポールのチャンギ国際空港に到着した。地元紙ストレーツ・タイムズによると、金氏は専用機ではなく中国国際航空の旅客機を使用した。金氏には側近の金英哲(ヨンチョル)党副委員長と妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長らが同行している。

 金氏は到着後、大統領宮殿でシンガポールのリー・シェンロン首相と会談した。トランプ氏も11日昼にリー氏と会談した。

 首脳会談では、非核化に加え、休戦下にある朝鮮戦争(1950~53年)の終結や、トランプ氏が安倍晋三首相に提起を約束した日本人拉致問題に関しても意見が交わされる見通し。

 トランプ政権高官は会談が2日間に及ぶ可能性もあるとしているが、ロイター通信は関係者の話として、金正恩氏が12日午後2時に帰国予定と報じるなど、会談は1日で終了するとの見方も出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ