PR

ニュース 国際

中国ハッカー、米海軍の契約業者に侵入 米紙報道 超音速対艦ミサイルなどの情報盗む

Messenger

 【ワシントン=塩原永久】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は8日、中国のハッカーが米海軍の契約業者に侵入し、海軍が開発を進める先端兵器などの大量の機密情報を盗んだと報じた。潜水艦のセンサーの関連情報も流出したとみられ、海軍が連邦捜査局(FBI)の協力を得ながら捜査しているという。

 同紙によると、サイバー攻撃は1、2月、潜水艦向け兵器などの研究開発を担う米海軍対潜戦センターの契約業者に対して発生。2020年に向けて水面下で開発中だった超音速対艦ミサイルに加え、潜水艦のセンサーや暗号システムに関係する情報も盗まれた。

 同紙は中国国家安全部傘下の諜報機関によって実行されたとの捜査員の見方を伝えている。中国のサイバー攻撃は「東アジアにおける米軍の技術優位をくじく長期的な取り組みの一環」(同紙)という。

 米海軍報道官は「特定の事案にはコメントしない」とする一方、「契約業者へのサイバー攻撃問題を深刻に捉えている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ