PR

ニュース 国際

【英EU離脱】英国が暫定関税措置方針表明 2021年まで関税同盟残留、アイルランドとの国境管理回避へ

Messenger

 【ロンドン=岡部伸】英政府は7日、欧州連合(EU)離脱に関する交渉が遅れ、EUとの関税措置が決定しない場合、2021年12月末までEU関税同盟に留まり、離脱後も無関税を継続したいとの方針を表明した。アイルランドと英領北アイルランドの国境での厳格な国境管理を避けるための暫定的な措置で、期限を明確に示すことで離脱派の不満を和らげ、交渉を進展させる狙い。

 EUが英国の提案に応じた場合、離脱後の激変緩和のため現状を維持する「移行期間」が20年末に終了後も、英EU間で無関税での貿易ができる。

 アイルランド国境をめぐっては、検問を設けない方針で英国とEUは一致している。EU離脱後は関税同盟からも離脱する方針も打ち出している英国は関税同盟から離脱した場合、いかに関税を徴収するかをめぐり調整が難航している。

 国境での通関手続きを回避するため、英国がEUに代わって関税を徴収する「関税パートナーシップ」案や、テクノロジーを利用して通関手続きを最小限にとどめる案を検討しているが一致していない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ