PR

ニュース 国際

【ロシアゲート疑惑】米大統領は自らを恩赦できる? 法曹界も憲法解釈分かれる

Messenger

 合衆国憲法第2条は大統領が「合衆国に対する犯罪について刑の執行停止または恩赦をする権限を有する」と規定している。

 トランプ氏は計5人を恩赦しているが、大統領が自らを恩赦した例はない。同氏に批判的な法律専門家は1974年のニクソン氏の辞任直前に司法省が恩赦の動きが出たときを想定してまとめた「否定の回答を返すべきだ」との意見書を根拠に反論する。一方で98年に当時のクリントン大統領の弾劾が議論されていたときは、下院司法委員会で自らを恩赦できるとの意見が優勢になったとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ