PR

ニュース 国際

中国で無人店舗急増 カラオケやコンビニ…外国人やスマホ困難な中高年には不便

Messenger

 ただ、中国に在住していない外国人や海外からの観光客にとっては、不便この上ないシステムかもしれない。アリペイやウィーチャットによるスマホ決済をするためには原則として、まずは実名登録した中国の電話番号によるスマホを個人でもつ必要がある。その上で、中国国内の銀行口座に直結したカードと連携させて、支払いするからだ。

 米アップルのスマホ「アイフォーン」の支払い機能アップルペイに対応するサービスも一部あるが、中国国内では利用者数の99%以上が中国人であるため、外国人向けの利便性はすこぶる悪い。スマホを使いこなせない中国の中高年も同様で急激に“支払い難民”が増えている。現金お断りの店舗やサービスが幅をきかせて、スマホ時代の“光と影”を浮き彫りにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ