産経ニュース

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】懸念つきまとうトランプ米政権の北朝鮮外交 北と、北を背後で支える中国に原則貫け

ニュース 国際

記事詳細

更新

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
懸念つきまとうトランプ米政権の北朝鮮外交 北と、北を背後で支える中国に原則貫け

1日、ホワイトハウスで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を持つトランプ米大統領(右)と金英哲党副委員長(ホワイトハウス提供・共同) 1日、ホワイトハウスで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの親書を持つトランプ米大統領(右)と金英哲党副委員長(ホワイトハウス提供・共同)

 【訂正】平成26年3月3日の当欄に「この女性、金学順氏は後に東京地裁に訴えを起こし、訴状で、14歳で継父に40円で売られ、3年後、17歳のとき再び継父に売られたなどと書いている。」とあるのを、「平成3年から4年に発行された雑誌記事、韓国紙の報道によると、この女性、金学順氏は14歳のときに親から養父に40円で売られ、17歳のときその養父によって中国に連れて行かれ慰安婦にされたという。」に訂正します。なお、平成3年の東京地裁の訴状では、「40円で売られ」たとの記述および17歳のときに「売られた」との記述はなく、また「継父」は「養父」と記されていますが、この訴状においても、金学順氏が養女となって14歳からキーセン学校に3年間通ったことおよび、「そこへ行けば金儲(もう)けができる」と説得され、平壌から3日間かけて中国の北支「鉄壁鎮」に連れて行ったのは養父であると書かれており、金学順氏が「強制連行の被害者」ではないことは明らかです。

このニュースの写真

  • 懸念つきまとうトランプ米政権の北朝鮮外交 北と、北を背後で支える中国に原則貫け

「ニュース」のランキング