PR

ニュース 国際

米映画「トップガン」続編の制作開始で海軍と空軍が「舌戦」 宣材写真の戦闘機めぐり性能論争

トム・クルーズ
Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍航空隊の活躍を描いた1986年公開の大ヒット映画「トップガン」の続編の制作が開始されたのを受け、米海軍と空軍がツイッターで「舌戦」を展開している。続編でも主演する俳優のトム・クルーズ氏が5月31日にツイッターに掲載した、制作開始を伝える宣材写真に写っていた戦闘機が最新鋭のF35Cではなく、99年から運用されているFA18スーパーホーネット(最大速度マッハ1・6)だったためだ。

 空軍は「(映画の主人公が)本当に速い戦闘機が欲しいのなら、(最大速度がマッハ2・5の)空軍のF15Eストライクイーグルに乗るべきだ」と書き込み、海軍を挑発。対する海軍は「二番手に用はない」といなしたが、空軍はさらに、F15が空中戦で1回も撃墜されたことがない実績を念頭に「F15は二番手とは無縁だ。得点表を見てみろ」とたたみかけた。

 F35Cについては空母での実戦運用が始まっていないことからFA18が「主役」を務めることになった可能性がある。

 一方、国防総省のホワイト報道官は5月31日の記者会見で「作品の脚本はまだ読んでいない」とした上で、「海軍の実態を反映した描写となるよう(撮影チーム)と密接に取り組んでいく」と語った。

 海軍と空軍、海兵隊は近年、戦闘機パイロットの恒常的な不足に悩まされている。トップガンが公開後の80年代後半~90年代は海軍への入隊志願者が爆発的に増えた経緯があり、海軍と空軍のつばぜり合いも続編公開で「戦闘機ブーム」が起きることへの期待の表れとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ