PR

ニュース 国際

【緊迫・南シナ海】中国軍高官「内政干渉だ」「神聖な領土」と反発 米国防長官の南シナ海軍事拠点化批判に

シンガポールで記者会見する中国軍事科学院の何雷副院長=2日(共同)
Messenger

 シンガポールで開催中のアジア安全保障会議でマティス米国防長官が南シナ海の軍事拠点化を進める中国を批判したのに対し、中国代表団のトップ、軍シンクタンク、軍事科学院の何雷副院長(中将)は2日、「南シナ海の島しょへの駐軍と武器配備は中国の主権の範囲内だ。とやかく言うのは、中国の内政に対する干渉だ」と反発した。

 何氏はマティス氏の演説後に記者会見し「南シナ海の島しょ、その付近の海域は中国の神聖な領土」と述べ、同海域に米軍艦を派遣する「航行の自由」作戦こそが南シナ海の軍事化に当たると主張した。地域秩序の主導権を巡り、米中が激しい応酬を繰り広げた。

 マティス氏は演説で中国による南シナ海の軍事拠点化を「脅しと威圧」と批判したのに加え、台湾問題にも言及。台湾の防衛能力強化のため米国の装備を積極的に提供すると訴え、台湾周辺に空軍機を展開させるなど軍事的圧力を加える中国を、強くけん制した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ